HOME>オススメ情報>注目の公認会計士になるための道のりや勉強方法とは

公認会計士になるためには?

まず、公認会計士試験に合格する必要があります。試験合格後、2年間の実務経験及び実務補習所での単位取得が必須です。最後に修了考査に合格することで、晴れて公認会計士の資格が得られるのです。

公認会計士を目指すための勉強法!

暗記と理解を両立させることが肝心です

公認会計士の試験範囲はとても広いため、勉強量がとても膨大です。そのため、暗記と理解を両立させる勉強が必要です。

予備校の教材を使って勉強しよう

予備校が作成した教材は、出題確率の高い問題がまとめられているため、効率良く勉強することができます。

苦手科目を作らないようにする

公認会計士試験では各科目に足切りラインが設けられています。そのため、苦手科目を作らないようにすることが肝心です。

反復学習して知識を身につけよう

公認会計士試験の内容は、一度勉強しただけではなかなか覚えることができません。そのため、同じ内容を何度も勉強して、着実に知識を身につけることが大切です。

予備校のカリキュラムに従う

予備校のカリキュラムは、長年の経験に基づいて作成されています。そのため、予備校のカリキュラムに従って勉強を進めると効率的です。

学び方に関する情報を集めよう

女性

公認会計士の資格を取得するために勉強したいと考えている方もいるでしょう。そのような際の問題になるのが、どのような方法で勉強をしていけばいいのかという点です。実際に公認会計士について学ぶための方法には複数の選択肢があるため、まずはどのような方法があるのか把握するところから始めましょう。例えば安く学習したいのであれば、自分で教材を購入して独学で学ぶのも1つの手です。また教室に通うもしくはオンラインレッスンを受講するという選択肢もあげられます。ほかにも通信講座を受講することも可能なので、自分の状況を考慮したうえで、どのような学び方が適しているのか考えて選択するようにしましょう。各勉強法ごとに異なるメリットとデメリットがあるので、特徴を考慮したうえで選択することが大切です。

講師に直接教わることができる方法

勉強

独学で公認会計士の勉強を始めたばかりの人の中には、専門用語が豊富で途中で挫折してしまう方もいます。そこでオンラインレッスンや教室を利用して学ぶことで、講師の方に質問しながら勉強が進められます。特に教室は共に学ぶ仲間がいることで、モチベーションを保ちやすくなります。

自分のペースで学ぶ方法を考える

勉強大学生

公認会計士の勉強をしたいと考えているものの、教室などに通うのはスケジュールの調整が難しいという方もいるでしょう。そのような場合には、通信講座を利用して自分のペースで学習できるようにするのも1つの手です。

広告募集中